アルバイト看護師 > アルバイト看護師の求人状況は?

アルバイト看護師の求人状況は?

看護師の間ではアルバイト看護師も人気のある働き方です。常勤看護師(正社員)に比べて、自分の生活スタイルを優先できるのが何よりも魅力と言えるでしょう。では、アルバイト看護師の求人には一体どういったものがあるのでしょうか?
看護師アルバイトに強い求人サイトは?

アルバイト看護師の求人先で多いのは、医療センターやクリニックなどの病院系です。他には、高齢者施設や介護施設、訪問ステーションなどもあります。 また、病院以外では、一般企業の医務室や学校の保健室もありますし、単発にはなりますが健康診断やイベントが行われる際の医務室勤務などもあります。

そして、日勤専従や夜勤専従を必要としている求人先もあります。 他にも修学旅行や社内旅行など旅行に関する添乗看護師のアルバイトもありますし、各自治体内の医務室勤務やスポーツイベントなどの救護室勤務といったアルバイトもあります。

特に最近目立って増えてきたのが高齢者向けのデイサービスや在宅ホスピスに関する求人です。これから高齢化社会が進むに従って、このような職場の求人が増加するのは確実でしょう。

また、アルバイト看護師の求人には様々なワークスタイルがあります。 「常用型(フルタイム)」「パート型(パートタイム)」「単発型(スポット)」と3種類ありますので、各ワークスタイルについて簡単にご説明します。

「常用型」は常勤看護師と大差ない勤務体系での働き方です。ですから、当然シフトにも組み込まれることもあります。 「パート型」は一般的なパート勤務と同様で、例えば週3日で1日5時間勤務といった働き方です。

「単発型」は、それこそ看護師が足りない日や看護師を必要とする行事がある時のみ要請するなど、勤務日も勤務時間も予め決められていない突発的な依頼に対応する働き方です。 そして肝心なアルバイト看護師の時給ですが、一体どのくらいなのでしょうか?

時給は一律いくらとは言えませんが、平均時給は大体1,200円~1,800円くらいでしょう。これはアルバイトの内容によっても違いがありますし、地域によっても異なりをみせますので、ケースバイケースで時給2,000円以上の求人もあります。

看護師のアルバイトは一般のアルバイトに比べて時給が高い特徴がありますが、常勤看護師(正社員)と比較すると当然収入に差はでてきます。

常勤看護師には賞与や昇給がありますが、アルバイト看護師にはそれは適用されませんので、結果的に収入はアルバイト看護師の方が低くなります。また、厚生年金や健康保険、退職金などの福利厚生も適用されません。

ただ、夜勤や残業した場合の手当ては法律で保証されています。しかし、常勤看護師に適用される住宅手当や家族手当など雇用側が定めている各種手当てはアルバイト看護師には適用されないと考えてよいでしょう。

時給は高いけれど、常勤看護師に比べて待遇面がイマイチよくないのがアルバイト看護師のデメリットではあります。 しかし、アルバイト看護師だからこそ得られるメリットがあることも事実です。

人それぞれ生活環境も違いますから、自分の生活ベースに合ったワークスタイルがアルバイト看護師という結論に達したのならアルバイト看護師に強い求人サイトを利用してみて下さい。 豊富な求人情報が集まっているので、満足のいく求人案件を見つけることができるでしょう。
鹿児島県看護協会